片思い女子が送るべき「彼のSNSでの弱気発言」へのLINE4パターン

狙った男子のことは普段からSNSなどでチェックしているという人も多いのでは? SNSでは本音をポロリとつぶやくことが多いので、相手を知るにはもってこいです。弱気発言を見つけたら、チャーンス! 一気に距離を縮めて相手を落とすことだって可能なんです。実際に弱気発言をしている男子に送って大成功だったLINEは、どんなものだったのでしょうか。
  • Evernoteに保存

1:「話ならいくらでも聞くよ?」

「好きだった人が仕事か人間関係で悩んでいるみたいなツイートを見つけたので、即効LINEしました。“話ならいくらでも聞くよ?”って」(Yさん/33歳)

――相手からの反応は?

「そこからLINEで悩みを打ち明けてくれて、ずっと話していたら、2時間後くらいに“ありがとう。Yちゃんに話したら気分が楽になった”って言ってもらえました」

――おぉ! それは好感度アップしてそうですね!

「しかもお礼にって言って、その後2人で食事にも行ったので、そこからさらにアプローチを続けているところです」

なかなかいい距離の縮め方ですね。恩を売っておけば相手の懐にも入りやすくなります。Yさんにはこのまま頑張って落として欲しいものですね。

 

2:「自信なくすことなんてあるんだね。私も……」

「ちょっといいなぁって思ってた人が“なんか色々自信なくなったわー”って嘆いてたときがあったので、LINEで“○○君でも自信なくすことなんてあるんだね。私も実は……”って最近自信をなくしてる話をしました」(Wさん/28歳)

――相手に共感するパターンですね。

「そう。普段お互いに結構強気でいくタイプだから、相談しやすかったのもあるんですけどね。そしたら“Wっていっつも元気だからそういう悩みないと思ってたわ。やっぱり人ってみんな悩んでるんだな”って話になって、ちょっといい雰囲気になれました」

――結局相手とはその後の進展は?

「その後も悩みがあると相談されるし、私も相談するようになって、そろそろ告白しようかなって感じです」

おぉ、素晴らしい! それは是非うまくいってほしいですね。

 

3:「今度2人きりで……」

「ずっと片思いしていた男子がすっごい弱気で“あぁ、孤独だ”とか言ってるのみつけたんで、すぐLINEしました!」(Sさん/25歳)

――どんなLINEを?

「“○○君は孤独じゃないよ! 私はずっと味方だからね。今度良かったら2人でケーキ食べに行かない?”って」

――さらっとデートに誘っちゃってますねぇ。

「こういうのはノリでガンガン行ったほうがいいんですよ。実際にその次の週末に2人で私のおススメのケーキ屋さんに食べに行ってそのまま今付き合ってます」

完全に相手の心の隙をついて、入り込んだ感じですが、それで2人とも幸せならOK! 弱っている時にはとことん相手の味方になって甘いもので釣るといいのかもしれません。

 

4:「肉食べに行こっ!」

「年下の男子のことがずっと気になってたんですけど、用事がなくてLINEとかもできずにいたんですよ。

でも、その子がある時“仕事で失敗したー。俺って全然ダメだー”って弱気発言していたので、これは姉御っぽくしてみてもいいかもって思って思い切って“よしっ! 今度肉食べに連れてってあげる!”ってLINEしてみたんです」(Aさん/34歳)

――ほぅ。で、その反応は?

「すっごく食いついてきて“マジですか!? いいんですか?”って(笑)。ゲンキンだなぁと思いつつ、それで元気出るくらいなら大丈夫かなって安心もしました」

――結局お肉は奢ったんですか?

「はい、奢りましたよ。思ったより食べる子でちょっと財布には痛手でしたけど、その後も何かと頼ってきてくれててこのままできれば付き合いたいなぁって思っているところです」

一回のお食事代で彼氏ができるなら、安いものですよね! 年下男子ってなかなか誘いづらいかもしれませんが、こんな時こそ人生の先輩として頼りがいのあるところを見せるのにもってこいの状況です。

 

いかがでしょう? 相手の弱音発言を見つけたときにLINEでせめるのって、ちょっと弱みに付け込んでいる感じもしますが、かなり効果はあるようです。

SNSで弱音を言っているくらいなら、本心では誰かに構ってもらいたいと思っているのかも。是非チャンスをモノにしてみてくださいね!