本命スタートでも!? 「セカンドに格下げされる」悲惨な女の特徴3つ

セカンド彼女が本命にはならない一方で、本命スタートであればセカンドに格下げされないと勘違いをしてしまってはいませんか? 実は世の中そんなに甘いものではなく、本命でもいつの間にか彼の2番目、もしくは恋愛対象外になってしまうこともあるのです! そんな悲惨なことにならない為にも、早速セカンドに降格しかねないチェックポイントを確認しておきましょう。
  • Evernoteに保存

Check point 1:相手任せの子

「何を聞いても“なんでもいい”とか“任せる”とか言う彼女。主張性がないのはこっちも困ります。男性もいつも何か考えられるほど暇ではないので……」(29歳/Kくん)

――男性からすると、頼られるので嬉しいものではないのですか?

「たまには嬉しいけど、いつも任せられると自分とのデートをあまり大事にされてないというか、興味ないんだなぁって思ってしまいますねぇ」

女は自己主張した方がかわいい!

「なんでもいいよ♡」や「あなたに任せるわ♡」と言ったフレーズが、いつも男性を喜ばせると思っているのであればそれは大きな勘違い。

実は自己主張したちょっぴりわがままな女性の方が男性には人気。あまりにも相手任せだと、自分との関係に対して無関心なのでは?と思われてしまうのです。

わがまま言ったら嫌われちゃいそうで怖い……なんて思っていたらモテませんよ! 自分が欲しいものの主張をすることで、彼もがんばれます。すると、「僕はこの子のためにこれだけしているんだ」と、あなたへの愛情を確認し、あなたのことがもっと好きになるのです。

 

Check point 2:ネガティブな子

「いつもネガティブ思考で、“どうせ私なんか……”っていう子とかですかね。なんていうか、付き合いきれないですよね。特に仕事から疲れて帰った時とかだと余計にくるというか……」(35歳/Oくん)

――ちょっと不安そうにしている方が守ってあげたくなってかわいいと感じるものではないのでしょうか?

「いやぁ~。そこまで都合のいい男性はいないですよ。たまに“さみしい”とか言われるくらいならかわいいけど、基本的にマイナスなことはあまり聞きたくないのが本心です」

愛されたいならまずは相手を癒そう!

筆者もネガティブ思考になりがちなので、不安になったり情緒不安定になる女性のみなさんの気持ちもとても理解できます。不安をアピールするのも相手に構って欲しいからくる言動ですよね。ですが、本当にそれで彼に愛されるのでしょうか?

彼もあなたと同じ感情を持つ人間です。楽しい時もあればもちろん仕事で疲れ、嫌な気分になり、ネガティブ思考になってしまうことだってあるのです。そこで自分のネガティブ思考を相手にぶつけてしまうのは、単なる自己のわがままに過ぎません。

特に男性はみんなが思う以上に繊細な生き物でもあるので、セカンドに格下げされたくないのであればここはグッと、相手を癒してあげることに努力をしてみましょう!

 

Check point 3:趣味がない子

「趣味がない彼女だと、ちょっとつまらないかな。つまらないというか、趣味がない子って本当に何もないので、いつも連絡とかデートをせがんでくるというか」(29歳/Aくん)

――自分を見てくれてるようで嬉しいものではないのでしょうか?

「その男も趣味がない場合はね! でも実際男って趣味が色々あるんですよ。なんだけど、趣味のない彼女だとそれを理解してもらえなかったりで、中々男性の方も自分の趣味の時間を作れなくなってしまいますからね……ちょっと苦痛かな」

趣味がある方が恋愛が長続きする!

趣味がないという女性は今のうちにすぐ何か自分が没頭しそうなことや、興味のあることを作ることをおすすめします。

趣味のない彼女やカップルだと、お互いのためにしか時間を使わないので、ラブラブに見えて実は危険信号。話せる話題や自分の空間がなかったりするカップルは実は長続きがしにくいのです。

趣味を持てば、お互いに趣味に費やす時間があり、少し離れる時間ができますが、それこそお互いにとっての重要な自分の空間。

男性は基本的に様々な趣味を持っているので、彼女が何かに没頭してくれた方が、彼らも気持ちよく趣味を楽しめるのではないでしょうか。

 

以上のチェックポイント、あなたはどれかに当てはまりましたか?

当てはまってしまった場合は、彼の反応に注目してみて徐々に変えていく努力が必要ですね! そうでない場合でも、今後の関係でチェックポイントに当てはまらないようにも要注意ですよ!