その同棲ストップ!恋愛で「焦るあまりに失敗しがちな」NG行為3つ

「恋は焦らず」とは言いますが、ライバルに彼を奪われないよう焦るあまり、つい勇み足になってしまうこともありますよね。ところがあまりにペースが早すぎると、男の方が逃げ出したい気持ちになってしまうこともあるので注意が必要です。今回は、“恋愛で焦ったら失敗しちゃう3つのNG行為”について語ることにします!
  • Evernoteに保存

1:すぐに恋に落ちる

男でも女でも、性別を問わず「人に愛されたい」という、本能的な欲求を持っています。

とはいえ、それは相手が自分のことをよく知ったうえでのこと。まだお互いによく知らない段階で、あなたが急速に恋に落ちてしまったら、彼にはあなたが「恋に恋している女」としか映りません。

そうなると、「恋に恋しているだけなら、俺じゃなくても誰でもいいんじゃない!?」という気持ちになってしまいますよね。

“その他大勢”と一緒にされて、嬉しい人などいるでしょうか?

答えは「NO」ですよね。

彼がタイプだからといって色眼鏡や思い込みですぐに好きになってしまったら、必ず後で期待外れに終わってしまうので、時間をかけて相手を知ることが大切です。

 

2:返事が待ちきれずに、立て続けてにLINEを連打

おそらく、女性が焦ってやってしまうNG行為は、これが一番多いのではないでしょうか?

女は、LINEなどのコミュニケーションツールを、相手と絆を強めるために使いますが、男は単なる連絡ツールだとしか思っていません。

なので、忙しい時だと仮にメッセージを読んでも、返信せずに放置する場合も多いのです。が、彼に悪気はありません。

それなのに女は、「何で既読スルーなの!?」と不安になり、まだ彼から返事が来ていないのに、気が付いたらテキストを連打……。

筆者の男友達は、LINEを開けて、同じ女から4~5つも立て続けてにメッセージが来ていたら、かなりウンザリしてしまうと言っていました。

連絡事項が長くて、1回の内容を数回に分けて送るのは問題ありませんが、様子伺いで、数時間おきに何回もLINEを送るのはやめておきましょう。

 

3:いつの間にか半同棲状態

いくら彼とラブラブで、「この人しかいない!」と思っても、あまり早いうちから半同棲状態になるのは危険です。

女は、一緒にいる時間が長くなればなるほど情が沸くし、相手への気持ちが深まるところがありますが、男はベッタリと一緒にいる時間が長すぎると、今度は自由を求めるようになるからです。

最初のうちは、男は「エッチしたい」という欲求があるので、しょっちゅうあなたに会いたがるでしょう。

しかし、この欲求が満たされたらすぐに治まってしまうので、頻繁に会いたがる彼にブレーキをかけるのはあなたの役目です。

早いペースで半同棲になんてなったら、息が詰まった彼が、距離を置きたがるようになるのは目に見えています。そんな事態にならないように気を付けましょう。

 

いかがでしたか!?

これを読んで、恋はスローペースが肝心なことが分かったのではないでしょうか。

「恋は焦らず」との言葉を忘れずに、じっくり時間をかけて恋の炎を燃やし続けてくださいね!