小悪魔女性ってどんなの?「なり切り方と具体的テクニック」はコレ

ついこの間、「わぁ。あの人いいよね……!」とか言ってた友達が、あっという間にその彼と付き合ってラブラブに。なんで!?と驚いたことはありませんか? 狙った男性を確実に落としていく、あの小悪魔秘技を身につけたい……でもどうしたらいいの? 恋愛心理カウンセラーの筆者がそんな悩みにお答えします!
  • Evernoteに保存

そもそも小悪魔ってどんな女?

小悪魔に引っかかる男性が多いことはすっかり分かっていますが、じゃあ、小悪魔ってどんな女?と言われると意外に表現できないもの。

それが分かれば小悪魔秘技も分かってきますよ!

(1)見た目はセクシー

一般に、小悪魔の基本スタイルは、スカート丈短めのワンピース、などと言われています。

年齢が上がれば必ずしもミニのワンピだけで攻めているわけではありませんが、ボディラインがきれいに出るものや、かっちりしているように見えて胸元の開くもの、オフショルなど、小悪魔の服装はセクシー路線が基本。

また、メイクもはっきりとした目元、キャンディカラーやビビッドな色合いを使い、セクシーにキメるのが定番です。

中身だけ小悪魔……という女性も中にはいますが、中身が小悪魔でも見た目がナチュラル路線では、小悪魔感はなかなか出てこないでしょう。

 

(2)ワガママで上から目線

小悪魔な女性は、常にかわいいワガママを通すことを心がけています。

上から目線の発言も少なくありません。

ワガママを、しかもかわいく主張することで、相手の男性に「しょうがないなぁ……」と言うことを聞かせようとしているからです。

もちろん、最終目的は彼に言うことを聞かせることではなく、(あ、また言うこときいちゃった。オレ本当にこの子のこと好きだな!)と感じさせること。

かわいくお願いし、拒否できない状態に持っていき、言うことを聞かせることで、「好きなんだ……」とある意味勘違いをさせる。

それが、小悪魔女子のテクニックです。

 

小悪魔女子になるための具体的テクはこれ!

それでは、具体的に小悪魔な女性になるためのテクニックをいくつかご紹介します。

(1)出会った後から小悪魔で攻める

小悪魔な女性が、第一印象から小悪魔であることは、実はほとんどありません。

もちろん、小悪魔な生き方をしている女性が、狙っている人がいようと、いまいと、常に小悪魔ファッションをしていることはあるのですが……。

むしろ、狙っている人がいないときは、清楚な感じさえする、ごく普通の女性であることが多いでしょう。

狙っていない人からのアプローチを避けるためにも、常に小悪魔な生き方を心がける必要はありません。

そのかわり、出会った後からは、小悪魔テクでの攻めを開始しましょう。

オフィスラブなら、相手が年上や先輩でも、時折ちょっぴり上から目線でアドバイスしてみたり、「ダメでしょ!」なんてお姉さんぶってみたり。

かと思えば、「せんぱいのいじわる!」なんて拗ねてみることも。

世間一般では、好きな人を落とすテクとしては「さすがー!」「すごーい!」などが鉄板のセリフと言われていますが、そう簡単に褒めないことも小悪魔女子のテクのひとつです。

 

(2)オフィスと社外で違った顔を

会社の中では、オフィスカジュアルなどでかっちりとしているなら、社外では小悪魔ファッションで急にキラキラしちゃうなど、オンとオフとで違った顔を使い分けましょう。

特に、社内恋愛などで、オフに好きな人と会うときには、会社の中ではあまりスタイルを崩さず、髪もきっちり結うなど隙(すき)を見せないように。

オフには一転してゆるやかで軽やかな自分を見せられるよう、オンのときも準備しておくと良いですね!

一方、社内恋愛ではなく、いつもオフスタイルしか見せる機会がないなら、会社帰りのデートには「今日は着替える暇がなくて!」なんて、デキる女スタイルをチラ見せするのも効果的。

 

(3)天使な自分を使い分ける

小悪魔テクで最も大事なのが、このテクニック!

普段はあまのじゃくな小悪魔なのに、時々、素直な自分を使い分けるということなんです。

いつものデートではキラキラした小悪魔ファッションなのに、急に清楚系のワンピースをまとったり、いつもは相手を褒めないのに、急に真剣な顔で褒めたり……。

ワガママばかり、上から目線ばかりで扱われていると、さすがの男性も「オレってバカにされているのかな……」なんて感じてしまうもの。

そこへ、急に真剣な顔で「そういうところ、かっこいいですよね」なんて言われたりしたら、絶対バカにされてるだけじゃないことがわかり、彼のドキドキも最高潮でしょう!

 

小悪魔、まずはカタチから?

小悪魔慣れしていない女性は、そもそも小悪魔なファッションをすることに抵抗があったりしませんか?

実はお母さんからの育てられ方ひとつで、精神的にブロックがかかってしまうと、カワイイ格好をすることに抵抗を持つ大人になることが少なくありません。

ちょっと心のブロックを解放して、まずカタチから小悪魔に入ってみるのも良いと思いますよ!