デート後に「いつまでもドキドキを継続させる」LINEの送り方3つ

デートって始まるまではドキドキして、準備をしている間も楽しいですが、始まって彼と一緒にいると時間がすぐに過ぎてしまって、あっという間にさよならの時間。しかし、ここで終わったと安心していてはもったいないのです! デートで自分がドキドキしたなら、そのドキドキを彼にも伝えてさらに持続させたほうが、彼の心を鷲づかみにできます。その方法を小悪魔女子たちに聞いてみました。
  • Evernoteに保存

1:直接言えなかった感謝を伝える

「デートのときって目の前に彼がいて、恥ずかしくて言えない言葉とかありますよね。それをLINEで送ってあげると男の人って喜びますよ」(Fさん/28歳)

--たとえば、どんな感じですか?

「例えば、相手がデート中に言ってくれた言葉をそっくりそのまま伝えて“あぁ言ってくれて嬉しかったけど、恥ずかしくて何もいえなくてごめんね”とか。これって男性にとっては“自分が言った言葉を全部覚えてくれてた”っていう感動と、“本心が聞けて嬉しい”って気持ちになれると思うので、おススメです」

デート中は照れて、ただ俯いて「うん」としか言えなかった……。そんな嬉しい言葉をかけてもらったなら、ぜひ使いたいテクですね。

 

2:「気持ちよすぎてどうしようかと思った」

「やっぱり男の人ってエッチを褒められるのが、すごく嬉しいらしいんですよ。だから、デートが終わった帰り道とか寝る前とかに、エッチの時の彼の一番よかったテクを褒めて、“気持ちよすぎてどうしようかと思ったよ~”とか言ってあげると大喜びでしょうね」(Iさん/29歳)

--テクを褒めるんですね?

「そうそう。“あのキスで全身の力が抜けちゃった……”みたいな。でも、ここで嘘ついて全然よくなかったテクを褒めると、次回もされちゃうから気をつけてくださいね」

エッチのときこそ、感情を素直に口にするのって難しいもの。ぜひ後からでもいいから、彼に自信を持たせてあげましょう。

 

3:「次は私が気持ちよくしてあげたいな」

「前に初デートでエッチして、すごくお互いに気持ちよくなれたことがあったんですけど、その時はデートの後“次のデートでは私が気持ちよくしてあげたいな”ってLINEしたんです。

そしたら、彼から“なにそれ! マジで嬉しい。今からドキドキするわー”って返って来ました」(Hさん/28歳)

--実際に次のデートでは?

「一応ちょっとリードするっぽいこともしたんですけど、基本的には彼がリードしてくれてやっぱりお互いに気持ちよくなれました。ただ、彼は次のデートまでずっと期待してたみたいなので、その分ドキドキ気分が持続できてたんじゃないかな」

口では清楚な女性がいいとかいいながら、エッチに積極的な女性のことを男性は嫌いではありません。次のエッチまで我慢できなくなっちゃいそうですね。

 

デートの後もずっと彼の心のなかに居続けられたら嬉しいですし、次のデートの予定が早まる可能性だってありますよね。

それになにより、こんなドキドキを感じさせてくれる彼女がいたら、彼は浮気なんて考えないでしょう。彼を虜にするLINEテク、是非習得してみてくださいね!