あぁズルズルと…「未婚の30代のカップル」陥りがちなパターン3つ

20代のカップルはまだ若いこともあり、恋愛に関しては、後先のことを考えずに恋人関係を楽しめますよね。ところが、30代となると何かと弊害が出て来るようになります。特に最近は、30代でも未婚の男女が増えていることもあり、そんな“未婚の30代のカップルが陥りがちなパターン3つ”について語ってみたいと思います!
  • Evernoteに保存

1:気持ちが冷めているのに別れられない

30代に突入しても、「いずれは、この人と結婚しよう」という気持ちでいられれば問題ないですが、特に女性は自分の市場価値を考えた時に、「とっくの昔に彼への気持ちは冷めているけど、この人と別れたら次がないかも……」という気持ちになりがち。

筆者の女友達は、まさにこのパータンの典型でした。

27歳で元カレと付き合い始めた彼女は、30歳になった頃に、「もう3年も一緒にいるし、そろそろプロポーズ!?」と期待していたのに、待てど暮らせど彼からアクションはナシ。

そうこうするうちに、彼への恋心が冷め冷めになってしまったのに、「彼を逃したら結婚できないかも」と不安に駆られて別れられずにいたのです。

結局、彼も彼女のことを好きではなくなってしまい、関係が冷え切ってしまった二人は別れることに……。

もっと早く別れていれば、少しでも若いうちに他の男性を見つけることができたかもしれないのに……いまだに彼女はシングルのままです。

 

2:結婚のプレッシャーをかけまくり!

お次も、筆者の女友達の体験談です。

とにかく彼女は、「早く結婚して子供が欲しい!」というタイプだったので、元カレと付き合い始めて2年ぐらいした頃に、彼にプレッシャーをかけ始めてしまいました。

当時の彼女は32歳。「グズグズしていたら、子供が生めない体になってしまう」という想いと、勤めている会社がイヤすぎて早く寿退社したかったんですよね。

焦る気持ちは痛いほど分かりますが、その頃の彼女は“結婚”の2文字に頭を支配されていて、どれだけ自分の言動が、逆効果になっているのか自分で分かっていなかったのです。

最終的に、そんな彼女に耐えられなくなった彼から別れを告げられて、二人はジ・エンドに。

もっと上手に物事を転がしておけば、もう少しで何とかなりそうだっただけに、「思いっ切り失敗しちゃったよな~」と、筆者は残念に思ってしまいました。

 

3:ズルズルとパートナーの関係に

30代のカップルでも、双方が特に結婚したいとか家族を持ちたいと思っていなければ、そのままズルズルと関係を続けて、家族のようになってしまうことがあります。

パートナーのことは嫌いではないけど、長年結婚している夫婦のようにトキメキを感じられず、「恋がしたいな~」なんて思ってしまうことも……。

不幸ではないけど、めちゃくちゃハッピーという訳でもなく、何だかぬるま湯に浸かったような状態に。そして「このままでいいのかな」という想いに駆られてしまうのです。

そんな自分にジレンマを感じながらも、時ばかりが過ぎて、何もしないままで終わってしまうこともあるのではないでしょうか。

 

いかがでしたか!?

20代から30代、40代と歳を重ねれば、恋愛や結婚について感じることや、抱える問題も異なってきます。

その時々で、自分が何を求めていて何をすればハッピーでいられるのか、よく考えることが必要になりそうです。