宇宙人の会話かよ!? 大爆笑「バカップルたちのLINE」を覗き見!

周りからすると、なんだかイライラしてしまったり、なのになぜか時に微笑ましく思ったりするのがバカップルの特徴。皆さんの周りにもそんなバカップルはいるのではないでしょうか? 何を隠そう、実は筆者の周りにはバカップルと言われる恋人たちがたくさん存在し、毎回彼らの会話に笑わされています! そんな彼らは、LINEではどんな会話を繰り広げているのでしょうか!?
  • Evernoteに保存

1:ふたりにしか分からない言葉

ラブラブバカップルたちは、完全にふたりだけの世界に入ってしまっているので、周りからは理解不能なふたりにしか分からない言葉を使ってLINEもしている様子。

赤ちゃん言葉だったり、自分たちで言葉を使ったりと、「よくそんなで会話ができるな!?」と思ってしまいますが、正直別に彼らの会話の内容には興味はありません。

いつも不思議に思うのですが、真剣な話をする時もこのような感じで話すのでしょうか? それともバカップルだから、真剣な話なんてそもそもしないのかもしれませんね……。

 

2:なぜか効果音が多い

バカップルに言葉なんていりません。大事なのはお互いが何を言っているのかがわかること。ふたりだけの暗号のようなものでもあれば、時には全く無意味な効果音でも愛は十分伝わり合うのです。

周りの人から見れば「宇宙人たちの会話か!?」と思うようなものでも、彼らにとっては愛の言葉。

効果音だけでも会話ができるのもすごいですが、意味のない会話を続けるところもすごいと思います。

 

3:ラブレターを書き始める

LINEといえば、必要連絡事項やシンプルに日常生活や要件を伝える目的で使うのが一般的ですが、バカップルたちのLINEはなぜかラブレターのように、相手のことがどんなに好きで愛しているのか綴った長い文章を送り合っているのです。

こっちからすると、「書くならメールの方が良くない?」や、「付き合ってるのにわざわざラブレター書くんかい!?」と心の中で突っ込むポイントはたくさんあります。

きっと、日々相手に伝えたいことが山ほどあるのでしょうね。

 

4:「かわいい」「かっこいい」の連呼

バカップルたちの視界の中に我々一般人は存在しません。見えているのは、もうお互いだけ。そのため、自分の彼氏・彼女以外には興味もなければ褒めることもないでしょう。

だけど、彼女には「かわいい」を連呼し、彼氏には「かっこいい」といいまくるのがバカップルたち。

好きな人に褒められたりかわいいと言われるのは嬉しいのですが、毎日言われると、なんだか新鮮味もなくなってしまうように感じるのは筆者だけでしょうか。

でも彼らにとっては、それは必要不可欠で、言われないと不安になるものなのでしょうね。

 

見るだけでイラっとすると言われるバカップルたちですが、彼らは彼らなりの愛情表現をしているだけなのかもしれません。宇宙人のような会話も、周りがドン引きする言葉使いも、彼らが幸せなのであればまぁいいですよね!