ドロ沼W不倫…!日曜日、昼顔妻がつい「本妻に送ってしまった」嫉妬LINE

不倫はいけないものだとわかってはいても、なかなかやめられないという人が多いよう。不倫の辛さは相手にも自分にもパートナーがいて、相手の時間などを独占できないことでしょう。ですが、そこで嫉妬などをしてしまうと関係が壊れる方向に……。今回はそんな昼顔妻に「日曜日に相手の妻につい送っちゃった嫉妬LINE」について聞いてみました。
  • Evernoteに保存

1:「1人で食事って寂しいなぁ」

「うちは日曜でも夫が趣味の釣りに出かけちゃったりして、ひとりで食事することが多いんです。でも不倫相手のところは毎週末一緒に過ごしてるの知ってたので、つい嫉妬心がわいてきちゃって。ある日曜に、“ひとりで食事って寂しいなぁ。いいなぁ。そっちは美味しい奥さんの手料理でしょう?”て」(Yさん/30歳)

--うわぁ。かなり嫉妬が丸見えですね。

「そうなんですよ。ちょっと気分が不安定だったときだから、余計にそうなっちゃったんだなぁって。次に会ったときにすごく怒られました。“お互い相手がいるのわかってて付き合ってるんだろ”って」

その通りなんですけど、それでも相手を好きだからこそ、わいてきてしまうのが嫉妬心……。難しいですね。

 

2:「キレイな奥さんとエッチするの?」

「私ってたぶん性欲が強い方なんです。だから夫とも不倫相手ともエッチするのが大好きで。それで、不倫相手のエッチが最高なの知ってたから“今日もキレイな奥さんとエッチするの?”って送っちゃいました」(Tさん/32歳)

--キレイな奥さんって、相手を知っているんですか?

「いいえ、知らないです。ただ相手がいつも口癖のように“うちの嫁は見た目だけはいいから”って言うの聞かされてたんで、つい。でも嫉妬ってやっぱり醜いですよね」

不倫とはいえ、相手への気持ちは本物。となると、なかなか嫉妬せずにいるのも難しいですね。特に体の相性がバッチリだったりすると、抜け出すのが難しくなっちゃうのかもしれません。

 

3:「素敵なレストランですね!」

「この前超嫉妬LINE送っちゃって、今も猛烈に反省してます。相手が結婚記念日で豪華なレストランで食事してたみたいで、それをSNSに載せてたんです。それを見たら自分が抑えきれなくなっちゃって」(Wさん/33歳)

--それで、なんて送ったんですか?

「“すごく素敵なレストランですね!”って。星マークとかつけて皮肉たっぷりな感じで送っちゃって……。直後に“何を考えてるんだ!”って怒りの返信が来ました」

相手のことを知らなければ嫉妬心もわかないものを……と理解はしていても、相手の行動を知りたいと思ってしまうもの。でも、SNSなどのチェックをすると余計に自分が辛くなるだけかもしれません。

 

昼顔妻のドロドロとした心境が表れているLINEがたくさんでした。

あなたがもし不倫をしたとしたら、相手の奥さんへ嫉妬しないでいられそうですか? たとえ最初は割り切って付き合ったとしても、思いが強くなると止められなくなるかも。ちょっと怖いですね……。