彼から「振られ待ち」のサイン…!? 恐怖の「破局フラグLINE」を覗き見ッ

「なんだか最近、彼が冷たい……。だけど別れ話は切り出されないし、なんでだろう?」……それ、実は彼が「振られ待ち」してるのかも!? どんなに忙しくても、好きな彼女は大切にするものです。急にLINEの返信が遅くなったり、冷たくなったら、それは「破局フラグLINE」かもしれません。そこで、今回はそんな「振られ待ち」している男子が使う「破局フラグLINE」をご紹介! 辛すぎ~!
  • Evernoteに保存

とある女子会のよくある会話「これってさ、完全に冷めてるよね」

サチコ:ねえ、最近、彼氏が冷たいんだけど。

モモコ:えー? どんなの?

サチコ:“今週仕事終わりに飲もうよ”って朝送ったら返信が深夜で、おまけに“忙しいから無理”って。

モモコ:で、いつ会うことになったの?

サチコ:いや、それが、“無理”ってきてから代案出してくれなかったんだよね。

シホ:あ~、それ完全に振られ待ちだね。破局フラグじゃん。

サチコ:えー! そうなの!? なんで!?

シホ:普通会いたかったら代案出すし、返信も早いでしょ? “俺が冷めたの気づいてくれー”って思ってるよ、絶対。でも、自分では振りたくないから、サチコが別れを切り出してくれるの、待ってるんじゃない?

 

……ガーン。

ショックを隠せないサチコ。

彼の気持ちが離れてきていたのは気付いていたけれど、シホに核心を突かれてしまいましたね。

「振られ待ち」する男って意外と多いみたいですよ。

そこで今回は振られ待ちのサイン! 「破局フラグLINE」を覗き見ッ!

 

Case1  デートの約束

返信が遅い=「返し忘れてた」

デートの約束を取り付けようとした彼女、大好きな彼女であれば、すぐに返信するものですが……。既読がついてから、長い間スルー。

そして当たり前のように「ごめん、忙しくて返し忘れてた。今週忙しいんだよね~」。

グサッと来る一言ですが、これは彼が冷めてきている証拠。

忙しかったとしても「ごめん! 後で予定見て連絡する!」と打つくらいはできますよね。さらに、忙しくとも別日で提案ができるはず。

代案を出さないのは完全に冷めています。

 

Case2 くだらない会話

「用件は何?」

「ねえねえ」と少し甘えた彼女。

しかし「なになに?」なんて返してくれずに、「要件は何?」と冷たい態度で返してきます。

これだと、「くだらないけれど報告したいこと」があっても、できませんよね。

辛すぎ……。

 

Case3 相談

「●●するしかないんじゃない?」

正直、相談されている内容からしたら、ごもっともな回答なのですが……。少し投げやりすぎる返答。

女子が相談するのは解決策を求めているわけではなく、「ただ話を聞いてほしい」という気持ちの表れ。

だけど、こんなふうに冷たく、”ごもっともな意見”を言われたらグサッときます。

嫌でも”めんどくさいんだろうな”と気づかされてしまいますよね……。

 

未読スルーが続いたら「振られ待ち」

上記に紹介したケースもそうですが、「冷たい返答」→「既読スルー」→「未読スルー」という段階の中で、彼女に“察してほしい”という男子は、意外にも多い模様。

「じゃあ振ってくれよ!」と思いますが、そうやってあしらって、彼女のほうが自分のことを嫌いになるのを待つのです。

どっちにしろ、見えてくる「破局フラグ」はとても辛いですが、そんなときは早めに察して次の恋を探したほうが良さそうです。