その一言がイタい…!こじらせ女子の「非モテLINE」を覗き見ッ

「彼が好き」本来恋は、その気持ちだけで動き出すもの。あなたは気になる男子に対して、ストレートに気持ちを伝えられますか? ツンデレもかわいいけれど、タイミングよく、素直に気持ちを伝えないと、うまくいくものも上手くいきませんよ! 今回は、恋するこじらせ女子の悩みを解決すべく、気になる人に送っちゃいがちな「非モテLINE」の実例と改善策を見ていきましょう。
  • Evernoteに保存

恋するこじらせ女子のユキ 女子会で見えてきた「非モテ」の理由とは……

実際の女子会での出来事。

ユキ・サチコ・モモコの3人で恋話に花を咲かせていますが……。

ユキ:なんかさあー。最近恋したいんだけど、いい人いなくってさあ……。

サチコ:ユキかわいいからモテるでしょ。あれ? この前の●●君は?

ユキ:あー●●君、私の家から彼の家まで電車で2時間かかるのよ~。無理じゃん? ついこの前まで彼女いたみたいだし。良い感じになりかけたけど、なんか違うかなって思って。

サチコ:えー! 1回付き合ってみたらよかったのに!

ユキ:いや、どうせ私とは続かないだろうし。あっちは独立精神旺盛だから。今の会社、いつかは辞めたいって言ってるしね。

サチコ:なるほどね……。

モモコ:ユキって、なんかすぐそうやって理由付けて付き合うのやめるよね(笑) 今も●●君と連絡は取ってるの?

ユキ:とりあえず取ってる。でも盛り上がらないんだよね。こんな感じ。

(LINEを見せる)

 

モモコ:ユキ……これ、あんたモテないわ(笑)

 

ユキみたいな女子、周りにひとりは絶対いますよね? もしかしてあなたも…!?

というわけで、上の会話からも、ユキが「かわいくても非モテ」な理由は少し分かりますが、一体、サチコとモモコはどんな「非モテLINE」を見たのでしょうか。

こじらせ女子のあるあるCaseを3つご紹介します。

 

Case1 自分に自信がないからさ……

「余ったんだけど食べる?」

上記、ユキの「非モテ」LINE。

いい感じの彼が「一人暮らしで自炊をしてない」といった時に送ったLINEです。

「余ったけど食べる?」には、“ついで”感がありますが、実はユキ、彼のために作ろうとしているのです。

でも「あなたのために作るよ」なんていえない……。複雑な乙女心により、「多く作り過ぎて余ったから」といってしまったのです。

ここがこじらせ女子の特徴。

断られるのが怖いので、断られても「まぁ、ついでだし……」と自分の中で消化できるようにしているのです。

改善例:「良かったら今度作ろうか?」

この場合はストレートに「良かったら今度作ろうか?」とストレートに伝えられればベストですよね。ついで感なんて、たとえ本当にそうだとしても、絶対NG。

もし恥ずかしい場合でも「作り過ぎちゃって……●●君もし良ければ食べない~?」と上からではなく、あくまで「●●君が良かったら」と気遣いを見せましょう。

 

Case2 嬉しいくせに素直になれない…

「●時からならいけるけど」

 

全然かわいくなーいッ!

気になる男子からこんなお誘いが来たら絶対嬉しいはず。

だけれどそれを表すのが恥ずかしい……。

いえいえ、せっかく誘ってくれた男子だって、「え~、なんか乗り気じゃないのかな」と思っていますよね。

改善例:「●時からなら大丈夫!楽しみ~!」

行ける時間と「楽しみ~!」ということをストレートに伝えましょう。

ここでも素直でいることを大切に。

 

Case3 偉そうって、そういうつもりじゃないんだけど……

「もっと●●したほうがいいよ」

本当は、そんなに偉そうに言うつもりもないんだけれど……。気になる彼から「最近なんか体調悪いんだよね~」と言われたユキ。

「手洗いうがいしっかりしたほうがいいよ」と、ごもっともながら一切優しさが感じられないつっけんどんな態度で返答しています。

「母親かよ!」と思ってしまいますよね。

改善例:「風邪流行ってるからね…お大事にね。」

ここでもしっかり気遣いを見せて。

「手洗いうがいをしたほうがいいよ」なんて言われてなくても分かっていること。そんなことよりも「お大事にね」といたわりましょう。

「お見舞い行こうか?」と言うのは、なかなかハードルが高めですが、彼との関係値で言えそう場合は、付け足してみてもいいかもしれません。

 

どうでしたか?

「あ~こういうLINE送る子いる!」と、女子も男子も思ったのではないでしょうか?

恋愛こじらせ女子の彼女達、決して優しくないわけではありません。

むしろ付き合いが長くなって理解すればするほど、魅力的な人であることが多いですよね。

だけれど恋愛は運とタイミング。

このLINEではあなたからのサインには気付けません。

「あ~私、こんなLINE送ってるかも……」と思った方は、ぜひ上記の改善策を参考にしてみてくださいね。